子まもり.comロゴ子供を有害情報から守るための親向け情報源 本文へジャンプ
HOMEボタン 危険の種類ボタン 被害の実例ボタン 事前の対策 被害の対応ボタン 製品の比較ボタン 各種資料ボタン リンク集ボタン

パソコン
携帯電話
学校
校外
HOME > 事前の対策 > パソコン
事前の対策:パソコン


一般的な問題
パソコンの利用時間や使うときのルールなどを親子で決めておくとよいそうです。

 参考:
  ・インターネットを使うときの約束(マイクロソフト社)
  ・我が家のインターネットの約束用紙(マイクロソフト社)

フィルタリングソフトの利用も必要です
   フィルタリングソフトというのは、有害なホームページや情報に接続できないように制限してくれるソフトです。

 参考:
  ・フィルタリング情報ページ (財団法人インターネット協会)
     フィルタリングのしくみ、市販ソフトのリンク、無料ソフトの提供など。

出会い系サイト
「見ない、書き込まない、絶対会わない」が鉄則のようです。

 参考:
  ・身を守るためのルール(警視庁)

アダルトサイト
フィルタリングソフトやフィルタリングサービスを利用する必要があります。

そのうえで時々、フィルタリングソフトの接続履歴をチェックする必要があるでしょう。

犯罪サイト
これもフィルタリングソフトを利用する必要があります。

プライバシー
個人情報は勝手に送らないように子供と約束するべきです。
   必要があれば、必ず、親が送る。なるべく親の名前で。

スパム、ウイルス
インターネットを利用する限り、ウイルス対策ソフトは必須でしょう

ウイルス対策無しでは、プログラムのダウンロード、メールに添付されたファイルを開くことは大変危険です。
  (ウイルス対策していても慎重に行う必要があります)

日頃から、重要なファイルはバックアップを残しておくべきです。
  バックアップは、必ずパソコンとつながっていないところ(フロッピー、CD-Rなど)に残すようにしてください。
  常時接続しているハードディスクやUSBメモリなどでは、感染時に消去される可能性が高いです。

チェーンメール
無視するのが一番です
  「転送したかどうかは、こちらで分かりますから」などと書かれていても、それはウソです。簡単にプロバイダのサーバには侵入できませんし、たとえ侵入できたとしても、通常、送信した宛先は残っても文面までは残っていませんから。


   Copyright 2007 KOMAMORI.COM All Rights Reserved.