子まもり.comロゴ子供を有害情報から守るための親向け情報源 本文へジャンプ
HOMEボタン 危険の種類ボタン 被害の実例ボタン 事前の対策ボタン 被害の対応 製品の比較ボタン 各種資料ボタン リンク集ボタン


不正請求
迷惑メール
迷惑電話
チェーンメール
いじめ
HOME > 被害後の対応
被害後の対応 - いじめ

いじめの対応

いじめ問題については、暴力、権力を伴う組織的な問題であることが多いため対応が難しいようです。
それでも、対応されている事例がありますので紹介します。


いじめに関する取り組み事例集
  (文部科学省 国立教育政策研究所生徒指導研究センター 129頁)

○ 目 次

 Ⅰ いじめの早期発見・早期対応を図るための日常的な取組
  【1】いじめ問題への組織的な取組の充実 
  【2】相談体制の充実
  【3】児童生徒の状況をきめ細かく把握し、情報を共有するための取組
  【4】いじめの早期発見に向けた児童生徒・保護者へのアンケート調査の工夫
  【5】いじめを生まないよりよい集団づくり
  【6】児童生徒の自主的な活動による問題解決
  【7】日頃からの関係機関等との連携
  【8】対応マニュアルの策定

 Ⅱ 実際にいじめが起こった際の対応事例
  【1】学校を挙げた支援
  【2】教育委員会など関係機関と連携した対応
  【3】「いじめは絶対許されない」ことの徹底
  【4】「ネットいじめ」への対応
  【5】その他の取組

 Ⅲ  参 考 資 料


どこから体罰になるのか?

問題を起こす子に対しての規範教育と体罰の境界が微妙ですが、文部科学省から公式的な見解が出ております。

  問題行動を起こす児童生徒に対する指導について(通知) 文部科学省


   Copyright 2007 KOMAMORI.COM All Rights Reserved.